家族の要望に合わせることも重要!家族構成を意識した住宅


子供のプライベートな空間を作る仕切り壁

部屋数の問題で一つの子供部屋をお子さん二人で使うことになり、プライベートな空間が作れない状態を悩んでいる時に役立つのが仕切り壁です。子供部屋の中心に取り外しができる仕切り壁を取り付けることで、住宅が完成した後でも子供部屋を二つに分けられます。これから子供が何人ほど生まれるか分からないので、子供部屋をいくつ作るべきか迷っている時にも仕切り壁を活用してください。

ペットの快適性も意識した庭造り

犬などの毎日のように運動を行う必要がある動物を飼育しているのなら、住宅を建築する際には庭のデザインを工夫してください。庭に大きなドッグランを作ることで、散歩に出かける時間的な余裕がない時にもペットが運動を楽しめます。注文住宅を建築している企業なら、ドッグランのデザインについても相談に乗ってくれます。飼育しているペットの体型に合わせるなど、調整するべき点を企業と話し合ってください。

高齢者との暮らしを考えた設計

足腰が弱っている高齢者と一緒に暮らすために住宅を建てるのなら、住宅用のエレベーターを設置するべきか家族と話し合ってください。車イスに乗ったまま階層を移動できるエレベーターを設置するだけで、介護の負担が減っていると実感できます。家族が車イスに乗った状態で玄関で方向転換できるように、玄関のスペースを広めに作ることも重要です。注文住宅なら玄関先の階段をスロープに作り替えるなど、介護のしやすさを意識した設計も選べます。浴室やトイレなどもバリアフリー設計にするために、介護に関する知識も豊富な住宅デザイナーに相談してください。

2000万の家は、住宅の外観や内部の隅々までのデザインまでこだわるのは難しいものの、コストパフォーマンスを重視して家造りをしたい人から広く選ばれています。

Posted on