北海道の賃貸住宅にはどのような特徴があるのか


東京に比べて家賃が安い

北海道の賃貸住宅は、東京と比べると家賃は安くなっています。その他の政令指定都市と比べても、北海道の家賃は安い方に分類されているのです。どれぐらいの差があるのかというと、もちろん駅からの距離や地価、面積や間取りによっても多少変わってきますが、東京の港区でワンルームや1DKのマンションを借りた場合、家賃は12万円前後が平均的な金額になります。それに対して北海道札幌市中央区で同じ広さの物件を借りた場合、家賃は4万3千円前後が平均的な金額となっているのです。このように北海道であれば、かなり安い家賃で賃貸住宅を借りることができるでしょう。

寒冷地ならではの工夫がされている

北海道は日本でも屈指の寒さを誇ります。夏場は他の地域とそれほど変わりはありませんが、冬は常に氷点下という日が多く、雪もたくさん降るエリアです。そのため、北海道の賃貸住宅では、寒冷地ならではの工夫が施されています。最も大きな違いは暖房器具でしょう。東京だとエアコンが設置されているだけで、他に暖房器具は設置されていないことが多くなっています。それに対して北海道では、暖房やガスのインフラが整っていることが多いです。例えば大きなストーブが設置されていて、外のタンクと直結しており、常に業者が燃料を補給してくれるという感じです。これによって室内をしっかりと暖めることができるので、寒い冬でも安心して生活ができます。他にも北海道で賃貸住宅を借りる場合、水落としや水抜きのマニュアルを用意しているところもあるのです。これは水道管の凍結や破裂を防ぐための対策です。このように北海道ではいろいろな寒さ対策が行われています。

格安で仕事がしやすい江別の賃貸事務所探しなら、多くの賃貸事務所情報を抱えている不動産屋さんに相談するのが理想的です。

Posted on