施工会社はどこを選べばよい!?理想の家づくりをするために


注文住宅を建てるなら施工会社選びから始めよう

ハウスメーカーは事業規模が大きい傾向があり、施工技術が高いことに加えてメンテナンスやアフターフォローも充実しています。ハウスメーカーは宣伝広告費が膨らみがちですが、規格化した家づくりが得意なのでコストはそれほど高くならないのが一般的です。一方で完全オーダーメイド住宅には対応できない場合があるので、どこまで理想を再現できるか確認しておく必要があるでしょう。工務店は中間業者をあまり介さない傾向があり、ハウスメーカーと同等かそれ未満に施工費用を抑えられることが多いです。地元に密着しているのも魅力で、地域事情を考慮した家づくりが得意です。ただし得手不得手がハッキリしている会社が多いので、希望どおりの家づくりが可能かどうか事前にリサーチしておく必要があります。

理想を完璧に満たすなら住宅設計がカギになる

住宅設計とは家づくりのモデルになるものです。理想の注文住宅を建てるならば、細かい住宅設計が必要でしょう。さらに住宅設計をしながら予算調整をし、予算がオーバーしそうなときは優先順位の低い順から妥協していきます。設計事務所は住宅の設計、デザインが得意なのが長所ですが、ハウスメーカーや工務店に依頼した場合よりも料金は高くなる傾向があります。設計事務所を利用する人は、完全オーダーメイド住宅を建てたい、オリジナリティを追求した家づくりをしたい、などの希望を持っていることが多いです。住宅設計が完了したあとは、ハウスメーカーや工務店に建設を依頼する流れが一般的です。

東京の注文住宅は、首都圏に展開するハウスメーカーや地域に根差した工務店、設計事務所など様々な場所で購入できます。

Posted on