狭いのは悪いことばかりじゃない!狭小住宅のメリット3選


利便性の良い土地を選べる

家を建てるならどこに建てますか?会社や学校に通うのに便利が良い、商業施設が近いなど、住環境は生活をする上で重要な問題です。しかし利便性の良い土地は、もうすでに土地利用がなされていて、手に入れることが難しいでしょう。ただし、小さな土地や変形地なら、まだ手に入れることができるかもしれません。

とにかく費用が抑えられる

利便性の良い土地は、地価が高くても狭小であれば費用は抑えられます。それにかかる税金も同じく抑えられます。家を建てる建築費もまた、抑えることができます。いざ生活を始めても、光熱費も少なくてすみますので、生活費も抑えられます。

お手入れも手間いらず

狭いということは、お掃除にかかる手間や時間もあまりかからずにすみます。住み続けるうちに不具合がおきた場合でも、目が届く広さなので見つけやすいという利点もあります。

狭いからこそ手に入れられる豊かな暮らし

狭いというのはデメリットのように感じられますが、狭いからこそ得られるメリットはたくさんあります。そこに建てられる家も、空間を生かすような間取りを工夫することで、狭さを感じることなく暮らすこともできます。ミニマルな暮らしや、必要以上に持たないシンプルなライフスタイルが選ばれるようになってきた昨今。あえて狭小住宅を選ぶことで、理想の住環境で費用を抑えた生活を手に入れることができます。浮いた費用を、厳選したこだわりのモノに囲まれて暮らすことや趣味に費やすことも可能になり、豊かに暮らすことができます。

家を建てるというのは、人生において大きな転換期となり、その後の生活にも影響を与えます。あなたが選ぶ住まいの候補に、狭小住宅を加えてみてはいかがでしょうか。

一般的に15坪以下の狭い土地に建てられていると、狭小住宅にあてはまります。土地は狭くても、間取りなどを工夫することで、快適で豊かな暮らしを実現することができます。

Posted on