注文住宅と予算の問題!満足できる間取りのバランスを考える


夢の注文住宅と予算の関係

世界に一つの夢のマイホームを実現可能な注文住宅ですが、希望を全て盛り込めば確実に予算オーバーになってしまうため、予算にあわせるために要望を削っていくことになります。しかし、希望を諦めて不満を感じれば後悔が生まれるため、まずは家族の希望を聞き、話し合いながら実現したい優先順位を付けることが大切です。

予算を抑える方法と削るべきではない部分

予算を抑えてマイホームを作るには、シンプルにすることが有効です。建材のグレードを下げて費用を抑える以外にも、仕切りが少ない間取りなら材料費や施工費を省けますし、シンプルな形状の家は複雑な形状の家よりコストが下がります。ただし、快適に暮らすためには削ってはいけない部分もあります。安全に暮らすのであれば耐震性や耐火性はしっかりさせたいですし、鍵や窓は強度など防犯面で優れたものを使いたいものです。また、安い断熱材を使うと暖房のコストがかさむので、ここも削るべきではない部分です。設備の中では、使用頻度が高い水回りはきちんと選んだ方が良いですし、後悔する人が多い収納もなるべく減らさないのがおすすめです。

コストを抑えても快適な間取り

空間を仕切る壁や扉を減らすことはコストダウンだけでなく、空間が開放的になり通風や採光でのメリットもあるため、快適な間取りの家づくりに役立ちます。また、水回りはなるべくまとまった位置にあると配水管のコストを下げられますが、動線的にも使い勝手が良くなります。このようにコストを下げながらも快適にすることは可能なので、まずは注文住宅について建築士などに相談してみましょう。

埼玉は東京のベッドタウンと呼ばれているように、東京に通いやすいです。そのため、勤務先などが東京にある人たちに埼玉の注文住宅は人気となっています。

Posted on