注文住宅の外観デザインはどうする?重要な要素である外壁カラーの決め方を知ろう!


なぜ外壁カラーの選び方を知っておくべきなのか?

自分たちの好みやニーズに合わせて自由自在に設計できることが、注文住宅では最も大きなメリット。特に外観デザインについては、こだわりのある方が目立ちます。そして住宅の第一印象を決める重要な要素になるのが、やはり外壁のカラー。このため注文住宅の外観デザインを決めるにあたっては、外壁のカラーについては慎重に選ぶことが肝心です。とはいえ、建築に詳しくない方にとっては、実際の設計段階で迷ってしまうケースも少なくありません。もちろん信頼できる業者のアドバイスを受けながら、理想的なカラーを選ぶことが大切です。同時に業者へ相談する前には、外壁カラーの基本的な決め方を知っておくことも求められます。そうすれば業者との意思疎通もスムーズになり、自分たちの要望も一層伝えやすくなるでしょう。

外壁のカラーを決めるならこのポイントが基本!

外壁カラーを選ぶ際の基本的なポイントになるのは、できるだけシンプルにまとめること。複数のカラーを使いすぎると見た目が落ち着かなくなり、せっかく注文住宅にしても、自分たちのコンセプトからかけ離れた住まいになりかねません。したがって外壁のカラーは多くても2色にまとめるのが無難です。もし2つのカラーを使用する場合も、組み合わせ次第で住宅の印象が大きく左右されるため、業者にイメージ図を作成してもらい、客観的な視点で判断することをおすすめします。さらに伝統的な和風建築にはモノトーン、南欧風には明るいパステルカラーといったように、住宅のタイプによってもカラーの相性は異なるので、この点もプロの業者としっかり打ち合わせすべきでしょう。

千葉の注文住宅を建てる時は、地元の工務店に相談してみるという方法があります。地域密着型だからこそ何かと融通が利くのが魅力です。

Posted on