別荘買うなら中古の方がお得!?別荘の賢い探し方とは?


中古別荘はなぜお得か?

別荘を手に入れるとなると、多くの人は中古より新築の方が好ましいと考えるでしょう。誰も住んだことのないピカピカの建物を手に入れたいと考えるのは当然と言えます。しかし、よりお得な物件を購入したいなら、新築の別荘はおすすめできません。不動産の価格は土地と建物の合計であり、新築の物件は建物の料金が高い分値段が上がるのです。中古でも新築でも同じ地域で同程度の面積なら土地代は変わりません。ところが、建物の価値は時間経過とともにどんどん下がります。新築の物件を買っても、建物の価値はすぐに他の中古物件と同程度まで下がってしまうのです。このように考えると、中古物件の値段のうち土地代の占める割合が新築より大きいことから、中古別荘なら経年劣化により価値が下落する建物に大金を注ぎ込まなくて済むのです。中古で建物に傷みが生じていても、リフォームすれば新築同様の綺麗な建物が蘇るでしょう。

中古別荘の上手な探し方

中古別荘の販売サイトにはたくさんの物件が載っています。その中で、1981年6月以降に建てられた新耐震基準の建物や、貸別荘として使用していた物件がおすすめです。原則として、別荘は、永住していたケースが少なく、繁忙期しか使っていないとメンテナンスが十分とは言えません。永住していなくても、貸別荘として使用されていれば、メンテナンスが行き届き、建物の状態も悪くないでしょう。また、高原の別荘の場合、建物周辺の樹木が少なく、日当たりが良い物件を選ぶことが重要です。森林に囲まれている別荘は、湿気対策が難しく、結露により壁や天井にカビが発生しやすいのです。室内を内見した際に、カビなどの異臭がしないか確認しましょう。

中古の別荘は、別荘のある地域に密着している不動産会社で探すと良いです。その地域の環境や季節に対する生活のあり方を知ることができます。

Posted on