オートロックの効果の範囲を知ることで真のメリットが生きてくる


オートロックの基本的なメリット

賃貸を探すときの条件としてオートロック物件であることを挙げる人は少なく無いでしょう。セキュリティ面を考えながら選ぶことは大切なことなので、多くの人の希望条件になるのも当然です。オートロック物件は、建物の入り口が施錠されていてカギや暗証番号の入力によって解錠して入ります。来訪者は、住人に中から開けてもらって中に入ることになります。住人と住人が許可した人以外は建物内に侵入できないことは大きなメリットで安心感を高めてくれます。

効果を過信してはいけない

オートロックが付いていても許可なく外部の人間が絶対に入れないわけではありません。宅配便の人が中の人に解錠してもらった時に、後ろから付いていけば入ることが出来ます。住人なら知らない人が付いてくることに不信感を持つ可能性があるので、侵入者が避けるかもしれません。しかし、宅配便など仕事で訪れる人はあまり頓着しない傾向があり、簡単に後から入れることもあります。オートロックが付いていても、絶対に知らない人が入ってこないと考えることは出来ません。

デメリットの理解がメリットを引き出す

確かにオートロックが無関係の人を完全にシャットアウトすることは出来ませんが、侵入者にとって一つの関門になるのは間違いありません。その関門は時には突破されてしまいますが、部屋の扉が第二の関門として存在します。オートロックが無ければ一つしかない関門が二つあることになるので、侵入者のターゲットに選ばれる可能性は低くなります。完全にブロックできなくても自室の扉の施錠と組み合わせれば二段階障壁を作ることになり、リスクを最小限に抑えることが出来ます。賃貸の条件にオートロックを加える際には、効果について理解しておくことが大切です。

札幌の賃貸物件は、1Kタイプで5万円台が相場です。1LDKや2DKの相場は6万円台で、3LDKになると相場は9万円台になります。

Posted on